カンクン旅行プランニング

徹底検証!日本からカンクンに行く最善ルート 2018年下半期版

日本からカンクンまでは飛行機の直行便はありません。
そこでどんなルートで行くのが「最善」なのか検証してみました。

東京(成田空港&羽田空港)発着として検証してみます。

 

以下に載せた金額はスカイスキャナーでの8月中旬時点の金額を元にしていますので、皆さんがお調べになったときには金額が違う可能性があります。ご了承ください。

 

乗り継ぎは1回?2回以上?

乗り継ぎ回数を増やし、遠回りをして時間をかけて行けば安くなるような気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、東京(成田・羽田)からカンクンに向かう場合はたいていは乗り継ぎ1回の方がお安いです

通常期  2018年10月1日(月)東京発→8日(月)カンクン発の場合
乗り継ぎ1回最安値:122,260円
乗り継ぎ2回以上最安値:145,216円

繁忙期 2018年12月29日(土)東京発→1月4日(金)カンクン発の場合
乗り継ぎ1回最安値:191,550円
乗り継ぎ2回以上最安値:199,950円

よって無理してたくさん経由してもいいことはありませんから、乗り継ぎ1回がベスト!!
(ただし航空会社のステータス修行のためにマイルを稼ぎたい方は話は別です)

 

 

経由地はどの国がいいか?

東京(成田&羽田)からカンクンに乗り継ぎ1回で行くのに経由地は3か国あります。
 ・メキシコ(メキシコシティ)
 ・アメリカ(ヒューストン・ロサンゼルス・ニューヨーク・デンバー・アトランタ他)
 ・カナダ(トロント・モントリオール)

どの乗り継ぎ地の便を選択するかで日本出発時刻・乗り継ぎの時間(タイミングよく乗り継げるか)・現地滞在時間・入国審査の回数などが変わってきます。ただしフライトスケジュールが変わると乗り継ぎも変わってきてしまうので注意が必要です。

乗り継ぎ時間を節約したい・英語が苦手なので入国審査の回数は減らしたい場合


入国審査の回数が増えると必然的に移動時間が増してしまいますし、列に並んで待つ時間もしんどいです。英語が苦手な方はドキドキしないといけない回数が増えるということになります。経由する国によって入国審査の回数が違います。
 メキシコ経由:往路メキシコシティで1回のみ
 アメリカ経由:往路アメリカ1回+往路カンクン(メキシコ)1回+復路アメリカ1回=計3回
 カナダ経由:往路カナダ1回+往路カンクン(メキシコ)1回+復路カナダ1回=計3回

メキシコ以外の国を経由するとそれだけ入国審査の回数が増えます。しかも抜き打ち税関検査(目の前でスーツケースの中身を開けられる)のリスクも増えます。アメリカもメキシコも荷物が多いと抜き打ち検査送りになりやすいのでお気をつけて。また、抜き打ち税関検査送りになると時間がかかることから乗り継ぎ時間が短いと乗り継げない危険性もあります。

よって成田から直行便でメキシコシティに移動するのが1番楽であると言えます。成田~メキシコシティ間の直行便は全日空(ANA)とアエロメヒコの2つの航空会社から1日1便ずつ飛んでいます。出発時刻や到着時刻が似ています。

ちなみにアメリカもカナダも飛行機での入国時国際線の乗り継ぎであっても、事前に申請しなくてはならずそれにも微々たる額ではありますがお金がかかります。こちらで経由なさる方は申請をお忘れなく。
【アメリカの場合】
ESTA事前申請が必須。申請費用がUS$14(約1,500円)で2年間持ちます。パスポートナンバーが変更になれば2年以内の渡航でも再度申請の必要があります。旅行に使うパスポートで2年以内にESTAが受理されていれば再度申請する必要はありませんが、2年以内でもパスポートが更新されていれば再度申請しなくてはなりません。
【カナダの場合】
eTA事前申請が必須。申請費用は7カナダドル(約600円)で5年間持ちます。こちらも同様に前回登録から5年以内であってもパスポートナンバーが変更になっていれば再度申請が必要です。

 

 

現地に極力長く滞在してたくさん遊びたい場合


現地到着時刻が早い時間であるほどよく、現地出発時刻が遅い方が良いということになります。ただし、往路と復路で航空会社や航空会社の所属するグループが変わってしまうと、異常に高くなってしまいますのでそれだけは避けなくてはいけません。

例えば旅行の全行程が1週間で月曜日出発、翌週の月曜日から出勤したい人の場合で考えてみましょう。
日本とカンクンは標準時で-15時間、サマータイム時で-14時間の時差があります。

2018年10月1日(月)出発→10月1日(月)カンクン着
2018年10月6日(土)出発→10月7日(日)東京着

大雑把な旅程はこんな感じ。終日遊べるのは4日間ということになります。10月1日(月)の早い時間に到着して6日の(土)遅い時間に出発出来れば4日間+αで遊ぶ時間を確保できることになりますよね。

ただし、メキシコシティ経由だと4日間を少し割ってしまいます。メキシコシティ経由の場合はアエロメヒコ便でもANA便でも往復とも到着時刻に大差ありません。月曜日に成田を出発して共に同日の夕方~晩にカンクンに到着し、金曜の夕方~晩にカンクンを出発して日曜の早朝6時半くらいに成田に着きます。この場合の滞在時間(遊べる時間)は4日間弱となります。ただし、地方空港のエリアに住んでいる人もほぼ全員が日曜中に帰宅できるというメリットがあります。帰宅時に早朝の成田空港からANAで地方空港へ出る便はほぼゼロですが、バスで羽田に移動すれば便は豊富なので日曜中におうちに帰れます。関西方面であれば伊丹空港に11時過ぎに到着することがが可能です。

アメリカ便の場合は経由地の候補が多く、2018年10月1日(月)の場合は1番早く着く便がアメリカン航空で往復ダラスフォートワース空港を経由する場合です。この場合は10月1日(月)13:35に到着します。アメリカ経由にすれば復路が10月6日(土)発のものが多いので終日遊べる日がまる4日間確保できます。ただし、東京に戻るのがおやつ時~夕方であることから大都市圏以外の地方空港へ戻る国内線の乗り継ぎに間に合わない可能性もあります。

カナダ便の場合は往復とも移動に時間がかかり過ぎるため、10月1日(月)に出ると翌2日(火)の9:25にメキシコに着きます。復路は復路で10月5日(金)17:25にカンクンを出発し、10月7日(日)15:50に成田に着きます。そのため滞在時間は合計して3日間強ほどになります。後述しますが値段も安くないのであり得ない選択肢です。

よって長く滞在したいならアメリカ経由が1番いいという結論に達しました。ただし、早めにおうちにお帰りになりたい方はメキシコ経由便がおススメです。そしてカナダ便は論外です

 

 

とにかく安く行けるのは?


1番安いのはどの国を経由した場合でしょうか。

通常期  2018年10月1日(月)東京発→8日(月)カンクン発の場合
メキシコ経由最安値:122,260円(アエロメヒコで往復メキシコシティ経由)
アメリカ経由最安値:146,520円(ユナイテッド航空で往復ヒューストン経由)
カナダ経由最安値:160,334円(エアカナダで往復トロント経由)

繁忙期 2018年12月29日(土)東京発→1月4日(金)カンクン発の場合
メキシコ経由最安値:301,489円(全日空で往復メキシコシティ経由)
アメリカ経由最安値:191,510円(ユナイテッド航空で往路ヒューストン、復路デンバー経由)
カナダ経由最安値:214,389円(エアカナダで往復トロント経由)

通常期と繁忙期では全然違う結果となりました。
時期問わず、、
・メキシコ経由便は全日空でもアエロメヒコ便でも日本の繁忙期・閑散期カレンダーの影響を受けやすい
・カナダ経由のエアカナダ便は安くない
・アメリカ経由のユナイテッド便は安い方である
という結論に達しました。

 

所要時間が短いのは?


所要時間が一番短いのはどの国を経由した場合でしょうか?
行きと帰りで航空会社のグループ(アライアンス)が変わってしまう場合は価格が異常に高くなるので、その場合は除外して検証してみます。

2018年10月1日(月)東京発→8日(月)カンクン発のフライトスケジュールの場合
メキシコ経由最短:往路16時間10分 復路18時間54分(アエロメヒコで往復メキシコシティ経由)
アメリカ経由最短:往路16時間10分 復路18時間(ユナイテッド航空往復ヒューストン経由)
カナダ経由最短:往路29時間45分 復路32時間25分(エアカナダで復路トロント、復路モントリオール)

アメリカ経由が往復共に最短ですが、メキシコ経由と大差がありません。ここでもカナダ便は論外です。

 

 

長距離国際線は日本の飛行機・航空会社にしたい場合

ANAやJALの飛行機に乗れば機内やチェックインカウンターでは全て日本語で済み気楽ですし、ご飯もおいしいです。それぞれの会社のクレジットカードを持っていればマイルの積算率もよくなりメリットは多いです。

ANA(全日空)の場合

ANAでカンクンに行くのには大きく分けて4つのパターンがあります。
1)往復メキシコシティ経由
2)往復アメリカ経由
3)往路メキシコシティ 復路アメリカ経由
4)往路アメリカ 復路メキシコシティ

アメリカ経由にした場合、主な経由地はヒューストン・ロスアンゼルス・サンフランシスコになります。往復アメリカ経由にすると行きと帰りで空港が異なる場合もあります。

1)往復メキシコシティ経由の場合
長所:入国審査が1回のみ(メキシコシティ)
   繁忙期を外せばさほど高くはない
   日本出発時刻が夕方でゆっくり出発できる(一部地方空港は例外)
   早めの時刻に帰宅が可能(一部地方空港は例外)
短所メキシコシティ~カンクン間の国内線に同じグループ(スターアライアンス)の便が無いため、別手配になる。また、その区間のANAやスターアライアンス加盟のマイレージカードのマイルが貯まらない。
   メキシコシティでターミナル間移動が必要
   繁忙期はとても高い
   カンクン到着日が晩
   カンクン出発が帰国したい日の前々日の夕方になるため、滞在時間が短くなる
   機材が小さいためファーストクラスが無い

2)往復アメリカ経由の場合
長所:1~4の中では1番安く往復できる
   早い乗り継ぎ便が取れればカンクン着が午後の早い時間になる
   カンクン出発が日本に着きたい日の前日でいいので滞在はメキシコ経由より長くとれる
短所:入国審査が3回(アメリカ往復+メキシコ往路)
   預入荷物の検査(税関検査)のリスクが増える
   早くつこうと思うと日本出発が午前中になり、関西エリア以外の地方空港から乗り継ぐ場合は最悪の場合東京で前日泊が必要
   帰国時の空港ラウンジがメキシコもアメリカもユナイテッド・クラブになる
     →メキシコシティ国際空港のユナイテッド・クラブ
     →メキシコシティ国際空港のANA提携ラウンジ
     →ヒューストン国際空港のユナイテッド・クラブ

3)往路メキシコシティ 復路アメリカ経由
長所:日本出発時刻が夕方でゆっくり出発できる(一部地方空港は例外)
   カンクン出発が日本に着きたい日の前日でいいので滞在はメキシコ経由より長くとれる
短所往路と復路でカンクン発着便が別の航空会社になるため高くなる  

4)往路アメリカ 復路メキシコシティ
長所:早い乗り継ぎ便が取れればカンクン着が午後の早い時間になる
   早めの時刻に帰宅が可能(一部地方空港は例外)
短所往路と復路でカンクン発着便が別の航空会社になるため高くなる

上記の3と4に関しては短所に書いた通り、カンクン発着が全く別の航空会社になることから高くなるので全くお勧めしません。1か2では「金額」「入国審査回数」「地元の地方空港との乗り継ぎの相性」のどれを重視するかで判断が変わります。

 

JAL(日本航空)の場合

JALはメキシコへの直行便が無いことから、必然的にアメリカ経由になります。乗り継ぎ1回の場合に経由地はダラス・フォートワース空港(DFW)のみになります。成田~ダラス・フォートワース空港へは1日往復3便ありますが、うち2便ずつはアメリカン航空とのコードシェア便で機材がアメリカン航空のものになります。

2018年10月(サマータイム)時点では、
【往路】
成田10:45発→ダラス8:25着 JALの機材
成田10:55発→ダラス8:35着 アメリカンの機材
成田18:35発→ダラス16:25着 アメリカンの機材
ですが、10時台発着のJAL機材とアメリカン機材の便は出発・到着が10分差なので、カンクン便も同じ便が乗り継げます。

【復路】
ダラス10:45発→成田翌14:15 アメリカンの機材
ダラス11:55発→成田翌15:20 JALの機材
ダラス13:10発→成田翌16:40 アメリカンの機材
JALの機材にこだわらない場合、ダラス13:10発にすれば朝のカンクン発も少しゆっくり出られます。

どの便も比較的スムーズに乗り継げますが、JALの機材の方が1万円~数万円高い場合も多々あります(安い席の空きがない場合も)。

 

日系航空会社の機材に乗るならJAL?ANA?

マイルや機内サービスなどで特にこだわりが無い方の場合はどちらに乗るか迷われると思います。

入国審査回数を減らしたい方:ANAでメキシコシティ経由便
現地滞在時間を多くしたい方:JAL/ANAのアメリカ経由便
安く行きたい方:JAL/ANAアメリカ経由便。時期を問わずANAの方が1~2万円安い傾向にあり

以上のような傾向にあります。

 

 

結論

◆日系航空会社にこだわらない
入国審査の数が少ない:ANA/アエロメヒコでメキシコシティ経由
現地に長く滞在できる:ANA/JAL/ユナイテッド航空/アメリカンでアメリカ経由
安くいきたい:通常期はアエロメヒコでメキシコシティ経由。
       繁忙期はユナイテッド航空でアメリカ経由。 
※入国審査の回数は増えますがアメリカ経由のユナイテッド航空便だと「安め」「現地滞在時間長め」「乗り着きスムーズ」で行けて1番バランスが良いです。

◆日系航空会社の機材に乗りたい
入国審査の数が少ない:ANAでメキシコシティ経由
現地に長く滞在できる:ANA/JALでアメリカ経由
安くいきたい:JAL/ANAアメリカ経由便。時期を問わずANAの方が1~2万円安い傾向にあり

 

 

関連記事

  1. カンクン旅行プランニング

    メキシコシティ国際空港の国際線側お土産物屋と問題点

    メキシコに旅行や出張に来てお土産が買える1番最後の場所はメキシコシティ…

  2. カンクン旅行

    ANA提携ラウンジ (メキシコシティ国際空港)

    メキシコシティ国際空港(ベニート・フアレス国際空港,MEX)の国際線タ…

  3. カンクン旅行

    ユナイテッドクラブ (メキシコシティ国際空港)

    メキシコシティ国際空港(ベニート・フアレス国際空港,MEX)の国際線タ…

  4. つれづれ

    カンクン旅行 2018年春

    先月行ったカンクン旅行記をこれから書きます~ハイアット・ジーバ…

  5. カンクン旅行プランニング

    カンクンのオールインクルーシブリゾート選び

    カンクンにオールインクルーシブのリゾートはたくさんありますが、選び方の…

  6. カンクン旅行

    カンクン旅行記 2018春 目次

    2018年のカンクン旅行記の目次になります。今回はハイアット・ジー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年5月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. ハイアット・ジーバ

    Pasteles (Hyatt Ziva)
  2. カンクンのレストラン

    花いち(Hanaichi)
  3. メキシコ生活

    アンヘル記念独立塔の周りに展示されたサッカーボールのアート
  4. つれづれ

    駐在生活2か国目
  5. ハイアット・ジーバ

    El Mercado – 夕食 (Hyatt Ziva)
PAGE TOP